卵の教訓

卵の教訓

1円でも安いスーパーに出向く。
それは労力を使ってまでもする必要があるのだろうか?とずっと疑問でした。

 

でも今、自分はそれをしています!

 

卵が1円でも安いところに買いに行きました!
1000円お買い物したら卵98円のスーパーには自転車で15分。

 

素敵すぎる格安食材を籠パンパンにつめて帰宅し、早速卵がいっぱいあるから調子乗ってマドレーヌを焼こうとしました。

 

全ての準備は万端でした。

 

小麦粉もふるい、砂糖もふるいにかけ終わりました。
卵もよく混ぜて湯煎にかけモッタリしておりました。

 

最後に全ての材料をスピーディに入れて混ぜていく段階でバターをレンチンしました。

 

冬なので寒いからちょっとバターの溶け具合が甘かったみたいです。
もうちょっとレンチンしようかなんて思ってしまったのです。

 

あぁ…あの時レンチンしなければ…

 

えぇ、爆発しました。

 

生地を手早く混ぜていた手が一瞬で凍りつき、そして電子レンジさん開けるのが凄く怖くなりました。

 

そう…少し震えました。

 

開けたら驚く程いい匂いが充満しており、でもそれと同じくらいあたりは悲惨な状態でした。

 

既にバターが何グラム器に残っているか計り知れませんでしたが、一応もったいないからバターを生地に入れました。

 

ドキドキしながら焼きに入りました。

 

生地は…

 

きちんと膨らみました!
凄く嬉しかったのでちょっと気を抜いてしまいました。

 

焼き終わって型から出そうとしたとき、異変に気づいたのです。

 

「剥がれない…」

 

全てを無に帰したのはバターでした。

 

せっかく卵を1円でも安く買いに行った結果、失敗。

 

心ポッキーになりかけましたが、このミスを次に生かしていこうと誓いました。

 

卵が教えてくれた教訓…

ホーム RSS購読 サイトマップ