親の介護をちょっと気にしてみる

親の介護をちょっと気にしてみる

親の介護をちょっと気にしてみる

親が風邪を引いて寝てから、寝る時間が3時間くらいずれました。

 

例えば、10時に寝ていたのが、7時に寝るとかです。

 

特に理由もなく、自分も7時くらいに寝る習慣があるのですが、いつも起きると、大体、親は三時には目を覚ましているので、「あれ三時」と思うと、午前0時だったりします。

 

この感覚のずれがちょっと面白くもありますね。

 

今日は祝日だった事もあり、親も病院には行けず、布団に入って眠っているようでした。

 

出来る事なら、介護をする事なく、と色々と考えるのですが、それが子供の役目ならば、やはり、するべきでしょう。

 

まあ、介護なら訪問ヘルパーさんか、結局本人の意思次第となるのだと思いますけれど。

 

ちょっとした事件以来、年もあるから、外に出たがらない親も、段々と、被害妄想が出ているようにも思えますし、これから先が少し気になる所ではありますね。

 

心配ではあるけれど、本人の人生、本人が決めるものだとは、親自身が言っている事で、子供は余り出しゃばらない方が良いのかもしれません。

 

大事な所だけ、フォローしてあげればいいのだと思います。

 

自分の子供に介護されたい親なんてそんなにはいないはずです。

 

訪問ヘルパーさんに、是非宜しくという事ですね。

ホーム RSS購読 サイトマップ